ファンダメンタルズとテクニカル分析での考え方(´ω`)

為替FX

こんばんは、おはようシャルルです( ̄¬ ̄)

今回は、日曜日の確認作業からのお話になります。

金曜日のクローズのレートは必ずメモしています。 またクローズの値と日足、週足が陽線または陰線かの確認しますね。

チャート、テクニカルは金曜日のクローズ以降に分析出来ますから、土日どちらでも良いですね(´ω`)

僕は今の相場のボラがある為、日足、週足で分析するようにしています。

前にも説明したかもの、見ている場所。

週足に引いたやり方を日足に落として同じ事をやります。 この時、水平線の色を変えると良いでしょう(´ω`)

小さな値幅をさくと抜くなら4時間、1時間くらいまで落とすのもアリですが、殺られやすくなりますので、注意が必要ですm(__)m

このチャートのみの下準備に対して、ファンダメンタルズを落とし込んで行きます( ̄ー ̄)クックック

日曜日の夜に Nyaoさんの Nyao tubeが投下されますよね? コレを全裸+正座で待ち構える訳ですが、僕は必ず2~3回同じ動画を拝聴しています。 コレには頭の中にコピーする為と、見落とし、聞きそびれを防ぐ為でもあります。

上記、1週間のタイムスケジュールを見て、いつ何があるのか?を、しっかり把握します。

必ずテロップの文面も読んでイメージしますね。

コレでファンダメンタルズの大枠流れをイメージして、も1度水平線を引いたレートを見ます。

この時大切なのが、日足以上の水平線が1発でブチ抜ける事は、相当な何かがない限り、数回アタックしてから抜けると言う事。

だから指標や要人発言の内容の期待値が、相当高くない限り反応があると見て、そんなレートで仕掛けて行く予定を、仮説をたてるので、後は実際にチャートが動き始めて、意識したレートにどのくらいの値幅があるか?到達するスピードがどのくらいなのか?も意識して行きます。

日足の何本目にどのイベントがあるのか?や、イベントに対してローソクがどちらに走っているのか?がおおよそ把握出来れば、抜きたい水平線も何となく数本に絞れますね。

このイメージをしながら、実際にチャートが動く訳ですが、リアルタイムの流れと仮説のトレースし具合を見ながら修正出来ればトレードしますし、イミフならスルーします。

今のユロルであれば、上げても叩くレートは大体&毎回同じレートかなと。

後は唯一時間だけは過ぎて行きますから、時間軸のズレに意識をして、狙った場所に対して、前仕込み&順張りか逆張りかの違いになります。

トレードなんて、イメージと仮説の合致と乖離のゲームですから、イメージ出来る場所、好きなパターンに絞る事が最大のチャンスだと思いますm(__)m

イメージ、再現性ですから、自分のロジックとシンクロする場所を見つけて行きたいですね(´ω`)

ではでは…

コメント

タイトルとURLをコピーしました