9/7(水) シャルル的チャートの見方編(( ̄_|

為替FX

こんばんは、雨ですが、おはようシャルルです( ̄¬ ̄)

もう今年も2/3を消化したあたりかなと意識をする様になりました。

大口さん達も、そろそろ稼ぎきってサイナラの時期を意識しているのですかね(゜ロ゜)

てな訳で、今晩は一目均衡表と MAを1本だけ使用した見解を書いて行きたいと思いますm(__)m

まずはチャートにINするとこんな感じになります(´ω`)↓↓↓

雲がないじゃん!と思った方には申し訳ないのですが、僕は雲を見ない訳ではないですが、どちらかと言うと、転換線(桃色)と基準線(水色)をメインに使用しています。

次に SMA25を1本入れて行きます(´ω`)

設定数値は上記になりますね!

で、先ずは一目均衡表の転換線の上をローソクが推移していたら、基本強気目線、次に基準線で支えられるか?も見ています。 そこから更にSMA25を割るのかサポートされるのか?で反発や反転の示唆を見て行きます(´ω`)

ザックリとマルチタイムで上から下へ見ますが、各ラインとローソクの位置関係や角度、ゴールデンorデッドクロスがわかるかと思います。

コレでトレンドの強さが計測出来、3つのラインをローソクが反対のエリアに侵入してローソクが確定したら流がかわるかも?の示唆になります。

黄色ラインをローソクが割れる時が、1分足で上げを一旦打ち止める感じになります。反発であればストン!と落ちる事もありますが、基本反転する場合はレンジを組んで反転のして行きます。

それが数回のねじれを同じ様な値幅近辺で推移したり、ストップを狩る動きで担ぎ上げて焼ききってから下げて行ったりと、さまざまなパターンがありますね! だからこそビタでエントリーしたとしても、エントリーラインに対して損切りがどのレートにあるのか?を常に意識、考えて余力を持った状態でエントリーする事をオススメします(´ω`)

もちろん上記のお話は1分足から、下位足から流が変わる為、上位足が強ければ1分足は飲み込まれてしまいますね。

必ず環境認識は上位足から→下位足へ見ますが、反発や反転しそうなレートで下位足を意識する事が大切だと思いますね(´ω`)

メインチャートでは見づらかも知れませんが、こんな風に見ていますね!

ココを更に…

横を向いて、数回ねじれて、さぁどちらに行く?となるので、必ず1分足→5分足→15分足と2つ上位足に切り替えて、どちらにバイアスがかかってるのか?を見ます。

この時も常に高安を見る事で切り上げなのか?切り下げなのか?で、どちらにアプローチするのかを考えています( ̄ー ̄)

前回の記事でチャネルを書きましたが、安値にチャネルをIN( ̄ー ̄)↓↓↓

↑↑↑15分足

↑↑↑5分足

↑↑↑1分足

と見ると、余白なども見える訳でm(__)m

こんな示唆に色々な根拠を組み合わせて行ったらいかがでしょうか(゜ロ゜)?

今回は僕が見ている見解の1部を紹介しましたm(__)m

ではではアデオス(`ω´)>カッ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました