8/28(日) かなり真面目に書きます!

毎日仕事をしながら、トレードをしていますが、Twitterでは呟けない事を今回は書いていきます。

26日の金曜日は、指標やパウ爺の発言などリスクになるから取引はお休みと発言しましたし、Nyaoさんも無理なポジションは持たない方が良いですよ!とツイートのアナウンスがありましたね。

基本的なリスクと、指標や要人発言、ましてや金曜日でしたから、無理な取引をする必要性はありませんでしたが、ずっと専門で取引をしているユロルは、ファンダメンタルズのトリガーとテクニカルがマッチした相場でもありました。

月足は誰が見ても↓にバイアスがかかっているのがわかりますね

週足でも、上げの時間と下げの時間を見れば、こちらもバイアスがどちらに向いてるかわかりますよね?

コレがユロとして、ロシア&ウクライナ問題の解決の目処がない事、ガスや燃料などの問題も沢山ありますし、ドルはバイデン政権の金利や諸々を見ても、強引な動きが継続、また前から Nyaoさんが言っているドルの崩れる要素が無い現状、 OGさんのサイクル考察など見ても、落ちたら拾うが、全体の大きな流れになっていましたね。

手前波動の、フラクタルが点灯しているローソクの安値、高値に水平線引くと、現在の波動の目安になります。

日足で沢山の上ヒゲつけていた場所もドルの悪材料でユロが浮き上がった場所ですね。

だから、ユロルはドルがネガティブなら浮き上がる、正しくは一時的に浮き上がれる訳で、急騰したとしても中々維持出来ない現状な状態です。

ザックリNで見るなら、安値の目安をオーバーランしていますが、強い下げであればピッタリは止まれないですね。

ココの窓、ずっと気にしていました。 ヒゲで埋めても、実体埋めをしていませんでした。 こんな場所が狙われやすいのは、何かしらある抵抗のラインを短時間で抜いた時に起きるのが、こんな感じの窓的な場所です。

何枚も見ている日足で、初めて陽線のフラクタルズ(Lo)が点滅→点灯になりました。

フラクタルズ(Lo)が確定は2本後のローソクが確定した時。

23.6でサポートされた場合のターゲットは161.8になります。 この数値はフィボナッチで検索すると色々な理論が出てきます。 161.8、61.8と言った数値は、基本反発が起こる数値でもあります。

手前波動のローソク下限の水平線でサポートされているのがわかりますね。

100の数値は1発では基本抜ける事が出来ないのも、フィボナッチや、規則性における原則原理と考えています。

1.00880=1.618で、左○のローソクの切れ目と、形状を見て下さい。 スラストで下げていますね!スラストダウンですから、下げの圧力、バイアスがかかっていた場所だと理解出来ます。

その中身を下位足に落として見た時に、先に反応したのが1時間足

フィボナッチ23.6より上でサポートからの急騰、161.81発抜け、200手前で失速、次に抜き上げて押し戻される、最後は実体抜け出来ずに100まで回帰が↓のチャート。

コレが逆張りのポイントですね。

2回目は23.6でキッチリ反発したのがわかります。

完全に、安値切下げのWボトムを形成しましたね。

反発数値の261.8でも反応しているのがわかると思います。

次がかなり大切です!

ブレイクした時のチャネル下限の延長線が次に

斜めの時間軸と、縦軸の反発数値261.8とのクロスライン。

こんな場所を1分足で、普段ビタでエントリーするわけです。

8/26(金)の21:36分あたりのチャート↑

この段階で161.8~200のラインにくるのか?を見ていました。

4時間足でサインが出ている事。

これは、ただフィボナッチの数値を見ている訳ではないと言う事です。

手前、1時間足の情報と合成します↓

見辛いですが、青フィボナッチは1時間足のもの、グレーフィボナッチは4時間足のもの。

↑が1時間足で引いたチャネル。延長線とフィボナッチと、クロスしやすいレートにSMA60と一目のダウン雲のスパン。この抵抗帯、上抜けられないバイアス

フィボナッチの161.8と200に青の水平線、白が手前波動で引いたローソク上限の水平線

白丸、一目の転換線

と、なりましたが、青い水平線でまっていました。

↑200の上あお水平線とシグナルの反応でショートしました。

ドル円も同じタイミング

利食いは100と決めていたからホールド

リアルタイムのスクショ

上記が指標や要人発言があった時の取引ですが、自分なりの分析と検証の繰り返し、ファンダメンタルズを組み合わせた今の手法でもあります。

もう3年近く1分足に拘って見ていますが、小さな事をしらみ潰しに、1分足のサイクルから理解する事で精度が上がると理解して頂けたら幸いです。

また自分なりに、真面目に記事を書きますので、宜しくお願い致しますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました