6/20(月) 本当に損失を受け入れられる?編( ̄ー ̄)

こんばんは、夜に書いていますが、おはようシャルルですm(__)m

今晩はトレードにおいて、ポジションを持った際に、ポジション、チャート、含み益、含み損と何かしらきになってしまう病について書いて行こうと思います!

トレードのロジック、テクニック、テクニカル、ファンダメンタルズと色々ありますが、僕は本当の技術は自分自身をしっかりコントロール、制圧できる事だと思っています。

Twitterなんかで、○○トレーダーがロング!別のトレーダーがショート!なんて日常茶飯事、眼から入る情報でどちらにエントリーするか迷う→✕

こんな事での損失は正直沢山してきました(笑) 自分なりにシナリオを作ったとしても、エントリー根拠としては全くダメ!もし仮にトレードが上手く行ってしまい利益を出せたら更に✕(泣)

正直、脳内に勘違いをインプットしてしまうヤツです。

どうしたら精神的にフラットになれるか?これは正直賛否両論だと思いますが、勝ちも負けも慣れる!良い勝ち、悪い勝ち、良い負け、悪い負けと僕は定義して、3ヶ月程、毎トレードを記録しました。そのうちに勝ちやすいパターン、負けやすいパターン、得意+勝ち、得意+負け、苦手+勝ち、苦手+負けと、とにかく得意だけに絞り、苦手を消す消去法でどの事も分別してみました。するといかに無駄なポジポジしていたのか?に気がつきました(笑)

次は上記に当てはめた時間、東京、ロンドン、ニューヨーク、どの時間を選ぶか?でした( ̄ー ̄) 兼業だから基本ニューヨークタイムがメインになりますが、東京タイムの流れが継続されるか?を見るのに3時休憩でチャート、レートを毎日チェック、そこからニューヨークタイムまで何ピップス動いたのか?もチェックしてきました。 要はどんな事にも分析と自分の見解意識を持つと、勝てなくても、負けが減る事に気がつきましたね!

ただ、今書いてきた事ではトレードとしてエントリーから利食いまでの何も解決されていません(笑)

そこからチャートだけを観察する事に決め、最長3ヶ月エントリーを捨てて、毎日何時間も1分足だけを見てみました。今は無いですが、ニューヨークタイムから翌日6時とかザラにありました(笑)

何故1分足なのか? これは1分足のサイクルがあり、下手に長足で見るより、時短で毎日流れを沢山見る事が出来るからが理由でした。しかし体力的、精神的に良い物ではありませんでしたが、マルチタイムフレーム大→小に見る事があるのなら、転換は逆マルチタイムフレームがある!と思ったからで、小→大になる動きを知ろうと、ひたすら毎日見て行きました! すると1分足でもダウ理論の継続、否定の繰り返しで、今は肯定(継続)、次は否定と独り言を発しながらチャートを見ていました。 ここで感じたのは良く過去チャート検証ってありますが、アレは確定した足しか見ていません!僕はリアルタイムの確定する前の1分足を見て、どの様に確定したのか?を見る事によって、挙動やチャートが深呼吸するイメージが出来たのです。 このイメージとシナリオを組み合わせて、先ずはデモトレード、資金は1万円、ロットは海外最低ロットの0.01縛り×5発まで。このルールを破ったら実弾トレードは出来ない!と決めました(笑)

コレが何とも複雑な気持ちで、最初は勝てても利益にならず、むしろ悔しい… 負けるとデモだから損失がなく喜ぶ!…ん?と違和感を感じました!負けて喜び、勝って悔しい!明らかにおかしいですよね!良くも悪くも、自分に都合の良い感情がある事に気がついてから、気持ちを入れ換えて、取り組みを…

負けは気持ちにプラマイなしのフラット、勝ちはデモだから利益はないものの、シナリオに対してトレースした時の喜び、即ち、シナリオを丁寧に組み立てをして、①チャートを見る→②環境認識をする③エントリー場所を決める!④エントリーをする⑤どこで利食いをするか?で迷い、エントリーは良いものの、利食いでつまづき、含み益を握り潰したり、最悪含み損、更にはシナリオにないポジションでサイナラ(泣)

次は②の環境認識の後が変わり、③利食いをしたい場所が見える!→④エントリー場所を決める⑤待つ⑥エントリーをする⑦シナリオが崩れたら利食いor損切りをする。 と、細かく細分化され迷いが減る事に無駄なバイアスがなくなる事を知った訳です。

コレをデモ、実弾を混ぜて複数口座で取引をしていき、結果がともあれ感情が抜けたトレードが出来る様になった訳ですが、ココには書ききれない色々が色々な訳で、何より少しでも楽しむ気持ちや、お金を増やすゲーム!みたいな意識になる事が出来たら、精神衛生面の安定した取引が出来るのではないでしょうか( ̄ー ̄)

それもあって僕は1万円を握りしめて海外口座でのトレードが今の自分にはピッタリだと思っていますm(__)m

また何かを思い出したら記事に書いてみたいと思います…

ではでは…

m(__)mカッ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました